大会レポート [ report ]

2019地方大会レポート

兵庫大会 (髙丸工業)

7月30日(火)「髙丸工業 RTC兵庫(兵庫県西宮市)」

トップを切って地方大会をスタートさせたのは、ロボットアイデア甲子園の生みの親とも言える髙丸工業です。尼崎で12年も前からこの取組みを始めていたパイオニアです。ロボットテクニカルセンター(RTC)兵庫というロボットセンターを併設した工場に、4校31名の高校生たちが集まり、黄色いヘルメットを被って、迫力ある産業用ロボットの動きを見て回り、随所で驚きの表情を見せていました。「面白かった人?」の質問へほぼ全員手が上がり、その後も熱心にレポートを書き上げていました。兵庫大会は約1ヵ月後の8月27日(火)に尼崎商工会議所で発表会を開催し、全国大会出場者1名を決定しています。

 

 

大垣大会 (田口鉄工所)

8月31日(土)「田口鉄工所 RTC東海(岐阜県大垣市)」

夏休みも終わりの土曜日に、岐阜県大垣市の田口鉄工所のRTC東海でセミナーが開催されました。2校から29名が参加し、セミナールームにぎっしりと集まりました。工場内をめぐりながら、学生さんたちは間近に産業用ロボットの動きを見学し、また動画では実際の工場の現場で活躍するロボットを見て驚いた様子でした。その後は、ロボットのミニチュアを手に取りアチコチを動かしながら楽しそうにレポートを書いていました。ロボットのネーミングに悩んでなかなか書き終わらない学生さんもいました。大垣大会は9月28日(土)大垣市ソフトピアジャパンにて、ロボカップジュニアおおがきオープンと同時開催で発表会を開催し、全国大会出場者を決定しています。

 

 

静岡大会 (三明機工)

9月21日(土)「三明機工 VRセンター(静岡県静岡市)」

静岡県では3会場でセミナーを開催し、発表会は合同で静岡大会として開催いたします。静岡でのトップバッターは三明機工です。地域の高校とインターンシップ受入等の交流を続けている成果もあり、2校より67名の大人数が参加しました。セミナー会場にこれだけの高校生が並ぶと圧巻です。産業用ロボットを見学し、エンジニアの指導でティーチングペンダントを操作する体験もありました。ロボットが指示通りに動いたら感動してニコニコと楽しそうに操作していました。発表会は、静岡県内の2会場と合同で11月30日(土)に、静岡県コンベンションツアーセンター「グランシップ」で開催予定です。3会場からの発表者が集まって、盛大な発表会になることでしょう。

 

 

静岡大会 (ヤナギハラメカックス)

9月28日(土)「ヤナギハラメカックス ロボティクス支援センター(静岡県榛原郡)」

静岡県で次にセミナーを開催したのは、ヤナギハラメカックスのロボティクス支援センターです。3校から19名の学生さんが参加しました。初めて産業用ロボットを目にする学生さんも多く、実際に動いているロボットを目にした学生さんからは驚きの声が上がっていました。レポート作成の際には、サプライズで引率の先生がたにもレポートを記入して頂きましたが、そのおかげもあって非常に和やかな雰囲気になりました。
 静岡の県大会は11月30日(土)のグランシップ大会ですが、当会場からもユニークで優秀なアイデアを考え出した学生さんを代表として選出していますので、ぜひとも県大会を勝ち抜いて全国大会へ進出してもらいたいです。

 

 

静岡大会 (日本設計工業)

10月20日(日)「日本設計工業 技術ターミナル(静岡県浜松市)」

静岡県の最後のセミナーは日本設計工業です。当初の開催予定日を、台風19号対策で急遽変更しましたが、3校から29名が参加しました。学生さんたちはみな熱心で、ロボットのデモを見学すると『もし人に当ってしまっても大丈夫ですか?』などの質問が飛び交い、色々な角度からロボットを覗き込む様子がみられました。ドローンやミニロボット等、身近なロボット体験もしてもらうことができました。その結果、アイデアも色々ユニークなものや、身近な課題を解決する画期的なものが飛び出しました。学生さんからは「親の仕事を手伝うロボットがあるといい」など印象的な感想や、引率の先生からも「高校生から産業用ロボットに触れる貴重な体験ができました。」とご意見がありました。

 

 

熊本大会 (シナジーシステム)

10月26日(土)「シナジーシステム ロボット展示・活用センター(熊本県菊池市)」

熊本のシナジーシステムでは7月にオープンしたばかりのロボット展示・活用センターで開催いたしました。やはり台風19号対策で急遽日程の変更を決定しましたが、地域の別のイベントが重なっており、参加者は1校から学生さん6名でした。しかし、全員の保護者の方々も、ロボット操作体験からアイデアレポート作成までを皆さんご一緒に参加していただき、とても和気藹々としたセミナーとなりました。このようなイベントを九州地域でも開催できた事は、来年度に繋がっていくと信じています。発表会は11月16日(土)に、菊池市生涯学習センターKiCROSSで開催しました。発表会はもちろん全員参加でした。全国大会進出者1名が決まっています。

 

 

大阪大会 (HCI)

10月26日(土)「HCI ROBOT CENTER(大阪府泉大津市)」

大阪の泉大津市のHCIでは、昨年オープンしたHCI ROBOT CENTERで開催しました。会場に集まったのは6校39名。社長自ら駅前でビラを配って周知活動を行いました。参加の学生さんからは「テレビで見るより迫力」「技術の進化に驚きと感動」「ワクワクする体験」と素直な感想が飛び出し、引率の先生も大変熱心に質問する等、ロボットに興味を持たれた様子でした。来賓や報道の他に工業大学の学生、地域の中学校の技術の先生や、ロボット関係のスクールの方等が見学に来られ、市長始め地域の後押しがセミナーを成功させました。発表会は11月30日(土)同じHCI ROBOT CENTERで開催。泉大津市のゆるキャラ「おづみん」もきますよ!

 

 

北関東大会 (TeamCrossFA)

10月26日(土)「TeamCrossFA Smart Factory Conductor Labo (栃木県小山市)」

北関東大会は、Team Cross FAの運営により、栃木県小山市にあるSmart Factory Conductor Labo(通称スマラボ)にて開催され、6校から29名の学生さんが参加しました。学生さんたちは、産業用ロボットやロボットSIerの魅力を伝えるセミナーで講師の言葉に目を輝かせて聞き入っており、またスマラボでの見学会ではSmart Factoryの最新ソリューションを真剣に観察していました。スマラボの産業用ロボットをどのように活用し、どのような作業を行うかをレポートにまとめ、その中からユニークで優秀なアイデア8名を選出しています。11月16日(土)に、再びスマラボで発表会を行い、全国大会への進出者が決定しています。全国大会での最優秀賞を目指して準備をしています!

 

 

東京大会 (髙丸工業)

11月2日(土)「髙丸工業 RTC東京(東京都太田区)

地方大会のスタートを切った髙丸工業は、大田区のロボットテクニカルセンター(RTC)東京でも地方大会を開催しました。東京大会では3校から34名の参加がありました。RTC東京には15台のロボットシステムを常設していますが、それらが一斉に動いてデモンストレーションを行う様子に、目をキラキラさせて見学している学生さんたちが大変印象的でした。中でも、湿式研磨機と組み合わせた10円玉磨きロボットは大人気で、学生さん自身の10円玉をピカピカに磨くため順番待ちが出来るほどの賑わいでした。書いてもらったレポートはどれも興味深いものばかりでしたが、その中から7名の楽しいアイデアを選出しましたので、11月30日(土)に同じRTC東京で発表会を行い、最優秀作を決定して全国大会を目指します。

 

 

神奈川大会 (愛知産業)

11月9日(土)「愛知産業 さがみはらロボット導入支援センター(神奈川県相模原市)

地方大会の締めくくりは、神奈川県の愛知産業で開催し、7校23名の学生さんが参加しました。高校生の他、女子大の中等部の生徒さんも特別参加してもらいました。快晴に恵まれた当日、まずは「さがみはらロボット導入センター」で見学とセミナー後、「愛知産業」にバスで移動をし、海外の先端技術も合わせデモンストレーションを行いました。アンケート回答によると ①「産業用ロボットについて」⇒約9割がよく理解できた、②「ロボットへの興味について」⇒半数以上が、興味がわいた、との回答がありました。ロボットアイデア甲子園を通して、ものづくりに興味や関心をもっていただけたと思います。発表会は11月30(土)、愛知産業で開催します。あっと驚くアイデアを書類審査中です。